あなたの毎日をもっとステキに。ステキなアシストを目指す情報ブログです。

ステキアシストの2018年買ってよかったもの

OTHER

投稿日:

年の瀬ですね。この時期になると「今年はどんな一年だったかなー」と振り返りたくなります。

買い物したものも、振り返ってみるとどんな一年だったか違う角度から見れたりしますよ。

僕は振り返ってみると、量は多くないですが、言い替えれば本当に必要なものを厳選して買い物した年でした。

そんなステキアシストの「2018年買ってよかったもの」を「キャンプ」「マーケティング」「DIY」「LIFE」「カメラ」のジャンルごとにご紹介いたします。




 

キャンプの買ってよかったもの

DOD カシスレッグ

DODのテキーラレッグをなくし、買い替えたのがこのDODのカシスレッグ

色が赤だから無条件に前より好き。

 

やっぱりこれでメインテーブル作らないと僕のキャンプは始まらない!

 

monoii(モノイー) ペグハンマー

キャンプでのペグ打ちで「カンカンカン」といういい音を聞きたくて買った金属ペグハンマー。

今までの100均のゴムハンマーの20倍くらいテンションが上がったので、もうこの安さも含め実質タダだと思っている。

それと何がいいって、後述のペグ抜きがめちゃくちゃ楽
穴に引っ掛けてくいって抜ける。気持ちいい。
この気持ちよさだけで白いご飯食べられる。

安くて満足感たっぷりのギアでした。

 

Soomloom スチールペグ

付属ペグでやり過ごしていた僕が初めてペグにお金をかけました。

やっぱり頑丈で抜けないし良いですね。 付属ペグは強風吹くと抜けますからね。

でも何より音が良い…!
上の金属ハンマーで叩く「カンカン」がもうぴったんこカンカン。

抜きやすくする引っ掛け穴も便利で上の金属ペグハンマーとの相性もぴったり。
もっと早く買えばよかった一品。




 

マーケティングの買ってよかったもの

佐藤尚之さんの『ファンベース』

マーケティングに携わっているなら必ず読むべき本
できれば前著『明日のコミュニケーション』から読むべき。

マーケティングの今とるべき戦略、これからとるべき戦略が大分整理されます。




 

DIYの買ってよかったもの

サンダー

DIYで、塗装前にやすりがけは必須なんですが、今までなぜ手作業でやっていたのか…

いや、そうなんですよ、今までは毎回紙やすりで地道に数時間かけてやっていました。

しかしサンダーを使ってみるとどうですか…ものの30分で終わってしまうじゃないですか!
本当便利!!

まだ手作業でやっている方は安いし大至急買ったほうが良いです。

サンダーがないとできなかったDIY↓




 

LIFEの買ってよかったもの

CHEAP MONDAY(チープマンデイ) スキニーパンツ “HIM SPRAY Black”

僕が30年生きてきてたどり着いたベストスキニーパンツがこれ
とってもリピートしていてこれで5本目。

この薄さとストレッチ感、適度な光沢感。他にないんですよね。
スタイリッシュになんにでも合う。

しかも1万円しない安さ。ベストバイです。

 

よなよな月の生活

※「よなよな月の生活」には上記の「文字リンク」をクリックし、「【ネット限定】定期お届け」から入会できます

今年から加入したヤッホーブルーイングのクラフトビール定期便。
幸福度が半端ないんです。

嫌なことがあっても家にいつでも香り高い美味しいエールがあるだけで、気持ちがふわっと前向きになるんです。
そして飲んだらあら不思議。大したことなく思えてくるんです。

醸造所見学が無料で行けたり、ここでしか買えない限定ビールがあったり、他にも楽しい仕掛けがいっぱい。

ビールを通したエンターテイメント、マーケターは体感すべきサービスです。




 

カメラの買ってよかったもの

広角レンズ SONY SEL1635Z Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

今まではツァイスの55mm単焦点一本で来ていて、描写力は目を見張るものがあるのですが、やっぱりどうしても画角が狭い…!
室内や屋外では広く撮りたい時、いっぱいあるんですよね。

そんな中購入して間違いなかったのがこのツァイスの16−35mmのF4通しSEL1635Z Vario-Tessar。
F4の明るさと超広角〜広角まで撮れるのが売りなんですが、いや、本当に広角レンズってすごいです、うわこれはさすがに捉えきれないだろ…っていう室内でも余裕で写してくれます

大きい建物でも後ろに下がらなくてもその場で捉えきれる

そして何より予想外で良かったのが、自撮りできるところです。
最短撮影距離が28cmと近いので、自撮りしてもピントが合うんですね〜
55mmでは超頑張って遠ざけてピントあっても半分顔切れてますからね。
16mmで撮れば背景も写しながら自撮りできます。これは予想外に便利でした。

広角レンズ SONY SEL1635Z Vario-Tessarの作例↓

 

α7Ⅲ ILCE-7M3

最後は今年一番の買い物、α7Ⅲ。
僕はずっとα7だったので、進化をすごく感じました。

何がってとにかくオートフォーカスがすごい。

今まではファインダーを覗いてシングルAFでピントを合わせてから撮りたい構図にずらしていたのですが、α7Ⅲでは構図を決めてからタッチパネルをタップしてピントを合わせられるんです。
これ僕だけかな、シングルAFでピント合わせてから撮りたい構図にずらすとピントずれている時ありません…?
それがこのタッチパネルがあるとなくなるんです!

そして何よりコンティニュアスAF×瞳AFの最強さ。
旧モデルのα7Ⅱではこの設定ができなかったみたいなんですが、α7Ⅲからできるようになったとのこと。
この設定ができることによって、動いている被写体の瞳にフォーカスを合わせ続けてくれるんですね〜。

人を撮る時ってどうしても動いたりしちゃって一回合わせた瞳のピントがずれる時がありますよね。
人を撮る時に瞳にピントが合っていないとぶれた印象になってしまうので、動いている被写体の瞳にフォーカスを合わせ続けてくれるコンティニュアスAF×瞳AFは最強です。
よく動くお子さんなどの撮影にはうってつけですね。




 

さいごに

なんだか今年は量は少ないんですが高い買い物をいくつかしたので、買った感がある年でした。

キャンプにカメラにビールにファッションに…
好きなものに囲まれるというのは幸せですね!

 

次の記事は『このベルテントをおすすめする4つの理由。リーズナブルにおしゃれグランピングを。』

2018年とか関係なくキャンプというジャンルでベストバイは間違いなくこのコットン製のベルテント。
おしゃれで使いやすいですよ。

このベルテントをおすすめする4つの理由。リーズナブルにおしゃれグランピングを。

-OTHER
-, , , ,

書き手(rio)のプロフィール画像
あなたの毎日をもっとステキに。
「愛と売上」作りをお手伝いするコミュニケーションプランナー。
⇒ラジオもやっています。

「ステキ」をいち早くお届け。

「ステキ」を写真でお届け。

素性をラジオでお届け。

ステキアシスト
あなたの毎日をもっとステキに。
キャンプ,DIY,マーケティング,自由が丘,カフェ,よなよなエール等の情報でステキなアシストを目指す情報ブログです。
⇒さらに詳しく