自分が経験したことで、少しでも誰かの役に立てたら。 誰かの毎日をちょっとでもステキに出来たら。 そんなステキなアシストを目指す情報ブログです。

雰囲気のある木製ごみ箱ならこれ。木のぬくもりを感じるイデアコのごみ箱

LIFE

投稿日:2017-08-06 更新日:

木のぬくもりを感じるイデアコのごみ箱

一人暮らしをするにあたり、この際インテリアも勉強しようと思い、購入したのが下記でした。

やはり、新しいことを学ぶのは楽しいですね。
部屋をステキに彩るコツがたくさん書いてありました。 中でもなるほどと思ったのが部屋の色配分とスタイル。(すごく基本的なことですが…)
どうやら、7:2.5:0.5で色配分を組んだらバランスが良くなるとのこと。 さっそく自分の部屋の色配分を決め、決まったのが、白7:茶2.5:深めの赤0.5。
そして、スタイルで目指すのは白×木のぬくもりでのナチュラルなお部屋。
最初は爽やかな青を取り入れる地中海系も検討しましたが、そうすると青を2.5にしなくてはで大変そうなので辞めました。

    そう!なので、木のあたたかな雰囲気のあるごみ箱が欲しかったのです。
結構探したのですが、高かったり、意外とイメージに合うものがなく、、
そしてやっと見つけたのがこのイデアコのごみ箱でした。

 

イデアコのごみ箱の良いところ

そんなイデアコのごみ箱の良いところは3つ。

  1. 木製のようなぬくもり
  2. ごみ袋が見えなくてスマート
  3. シンプルかつスタイリッシュなデザイン

とにかくオススメのステキごみ箱です。      

1.木製のようなぬくもり

最初に言っちゃうと、厳密には木製ではないです。
そうですよね、こんな切り抜きを本物の木でやろうとすると、重いし多分もっと高いでしょうね。。 ただ、あまりに周りの木製品となじむし、木製です!と言っても遜色ないクオリティなので、もう木製とタイトルでも言ってしまいました。
木のあたたかささえ感じます。 シールとかではなく、これはなんなんでしょう?
あ、塗装ですねよく見ると。
吹き付けっぽいけど、このランダムな木の模様はどうやってやっているんだろう〜
元SP屋としてはすごく気になってしまう。
つるつるではなく、少しざらついていてそれもあって自然な木の感じが出ています。 いいぞ、下の木のフローリングとあってるあってる!      

2.ごみ袋が見えなくてスマート

これもすごくステキなことなんですが、中のごみ袋が見えなくなるんです。 仕組みは、中にもごみ箱が隠れていること。   これがあるだけでほら、一目瞭然のスマートさ。

多分、普通のごみ箱は左のようになっちゃいますよね。 なんか踏んで開くやつもありますが、僕は面倒くさがりやなので、ッポイっとしたいので、こういうオープンタイプマストだったんですが、それでいて、ごみ袋も見えないなんてなんてスマートなのだろう。 これが来る前まではカホンという楽器の梱包箱にごみ袋むき出しで置いていたのですが、こんなにスマートに。 スッキリした!      

3.シンプルかつスタイリッシュなデザイン

もう読んで字のごとく、ご覧の通り、とにかくシンプルでスタイリッシュです。
無駄なデザインは一切ないので、使い勝手も良く、ナチュラルな雰囲気によく馴染む。 パッケージでさえおしゃれ。
イデアコいいね! と、思ってイデアコのHPを覗いて一番に出てくる言葉が「シンプルに美しく暮らす」
なるほど、まさに有言実行している。 そしてこのイデアコのごみ箱は「森林保全 木をフェイクしたゴミ箱」と出てくる。
木製でない意味にはこんな想いも組み込まれているなんて…
イデアコ、好きになってきた。 「傘立て」から始まったグッドデザインを何度も獲得しているステキな会社のようなので、興味があれば覗いてみても良いカモ。        

さいごに

書き忘れたので書くのですが、大きさもちょうど良いのですよね。
一人暮らしには十分。
ご家族の場合も、リビング用などにはぴったりだと思います。 大きさ、Amazonのちょっと分かりづらいので書くと、 下の円はφ260mmで上の円はφ236mm。
高さはH310mmです。   現在はDIYしたテレビ台の横に置いて、よく馴染んでるのを見てにやにやしてます。 雑誌ラックとDVDラックを兼ねたテレビ台をオリジナルDIY     ナチュラル系のお部屋の方には最高にオススメなので、是非チェックしてみてください。      

次の記事は『悩み抜いて購入したロウヤ(LOWYA)の3人がけソファを半年使ってみて』

     

-LIFE
-, ,

書き手(rio)のプロフィール画像
都内在住の会社員です。
事業会社でマーケティングの仕事をしている傍ら、週に一記事のペースでブログを書いています。
完成を妄想してはわくわくし、完成をすれば期待を良い方向に裏切られるようなことが好きです。
⇒さらに詳しく

ステキアシスト
自分が経験したことで、少しでも誰かの役に立てたら。
誰かの毎日をちょっとでもステキに出来たら。
そんなステキなアシストを目指す情報ブログです。
⇒さらに詳しく

ブログの「更新情報」や「ステキ」をいち早くお届け。

 

「ステキ」を写真でお届け。