そうだ、鎌倉方面に住もう。僕たちが新婚で湘南は鵠沼に引っ越した理由

LIFE

2021年6月末に鎌倉にも近い神奈川県は湘南、鵠沼に引っ越しました。

コロナなどでバタバタしており、結婚しても別々に暮らしていたので、今回は家族以外の誰かと暮らす一大イベントだった訳で。(暮らし始めてみちゃえばなんてことないのだけど)
当初は1ミリも東京以外に住むなんて考えていませんでした。

お互い東京に職場があり、東京に住んでいたのになぜ湘南の地に家を構えたか
そこらへんの理由をまとめてみようと思います。

最近はリモートワークの影響もあり湘南に移住してくる方も多いみたいなので、湘南移住を検討している方や、あと僕みたいに東京一択!となっている方にも選択肢が広がる可能性があるので、参考にしていただけたらと思います。




 

僕が新婚で湘南に引っ越した理由

東京で戸建て購入から賃貸に方向転換

元々、結婚を機に東京で家を買おうと思っていました。
日本人的になんとなく「夢のマイホーム」的なことも頭に植え付けられていたし、なんとなく土地も含め購入したほうが自分にメリットがあるように感じていました。(家の価値は下がっても土地は売れるからそっちの方が得じゃん的な)

しかしながら毎週のようにハウスメーカーに通い、色々調べていくと、今の予算感で@東京だと理想には程遠い家になってしまうこと、@埼玉とか神奈川だと東京よりは理想に近づいた家になりそうだけどなんかピンとこないことが分かってきました。
そして、今の御時世、戸建て購入より賃貸の方が借金やら合わなかった時やらのリスクも少なく、流動性も高いことが分かりました。

でも1つ建売でそれなりに理想に近い家(当時はルーフバルコニーにこだわっていました笑)が埼玉にあって、ここだったらいいかもなと思っていたのですが、たまたま検討しているときに会った前職の先輩がその町の出身者で、「あそこだけはまじでやめたほうがいい笑」と言われたのも決定打でした。
「あ、もう賃貸にしよう」と。結構探しても見つからなかったので、東京からそれなりに近くて理想の家は無理だなと思いました。

 

賃貸でリモートワークなら思い切って自然多いところで良くない?

賃貸に頭を切り替えてからは盲目にまた東京で探していたのですが、ふと思ったんですよね。

「賃貸でリモートなら思い切って自然多いところで良くない?」って。

今はお互いにリモートワークで月にほとんど出社しない状態。それなら多少東京から離れていてもOK。月に数回程度の長時間通勤なら耐えられる。
そして一生住まなくていい賃貸ならいっそのこと住んでみたいところ、僕の場合は自然の多いところで検討してもいいんじゃないか。

そうなってから「鎌倉方面」「湘南」となるのに時間はかかりませんでした。妻ちゃんも快くOK。

海もあって山もある。都会で育った僕からすると経験しようのない自然と近い生活。
特に海が近い環境の暮らしには憧れがありました。
思えば海外旅行でも海が近いところばかり行っていた気がします。
非日常を感じられるスポットと認識しているんだと思います。

それが「鎌倉方面」「湘南」に住めば非日常と隣り合わせの環境で暮らせる!
想像しただけでワクワクしました。

 

鎌倉か?鵠沼か?

最初は響きだけで鎌倉!って思ってたんですが、実際に足を運んでみて、家を見てみて、条件を見てみると自分が求めているものは海に比重が高いことが分かりました。

鎌倉って意外と海まで遠くって、どちらかというと山。

たまたま海に徒歩5分のいい戸建て賃貸が鵠沼にあったということもあり、湘南方面の初訪で家は決まりました。

 

あんなに決まらなかった家が一発で…妻ちゃんも「初めてビビッと来た」って言ってました。決まるときは決まるんだなあ。

 

まとめ

  • 戸建て購入より賃貸を選択
  • 賃貸でリモートワークなら思い切って自然多いところで良くない?という頭に
  • 鎌倉と鵠沼で迷ったが、海を求めていたので鵠沼を選択

 

さいごに

控えめに言って湘南生活、今のところ最高です。東京で賃貸しなくてよかった。
海が身近にある生活が初めてなので、ワクワクしっぱなしです。

定住はないだろ〜と思っていたけど、その線も全然ありそう。
またそこらへんはお伝えしていけたらと思います。




 

次の記事は『新婚で鵠沼に引っ越して1ヶ月。湘南ライフに感じたメリットとデメリットと。』

じゃあそのワクワクとかって何なのよって感じだと思うので、メリットとデメリットをまとめてみました。

新婚で鵠沼に引っ越して1ヶ月。湘南ライフに感じたメリットとデメリットと。

同じタグがついたステキを見る