誰かの毎日をちょっとでもステキに。 そんなステキなアシストを目指す情報ブログです。

【男同士篇】カラオケでデュエットすると異常に気持ちいい曲ランキング

MUSIC

投稿日:2017-12-29 更新日:

【男同士篇】カラオケでデュエットすると異常に気持ちいい曲ランキング

先日、男女デュエットしたら気持ち良い曲をランキングでまとめたのですが、まとめていると、いや、男同士だからこその気持ち良い曲っていうのもあったよなと思い。
ちょっと今回はマイナーなものも多いのですが、歌えたら異常に気持ちいい曲ばかりなので、紹介という意味も含めまとめたいと思います。
(もし、僕と万が一いつの日かカラオケに行くことがあった暁に、一緒にデュエットしたりしてくれると泣いて喜びます。一生の友達になれます。)

カラオケシリーズは下記もあるので、良かったら。

 

 

 

 

 

 

 

ランキングスタート

第11位 愛はおしゃれじゃない/岡村靖幸 with 小出祐介

早速、ちょっとマイナーなデュエットになってしまうのですが、これ一緒に歌えたらとっても嬉しい一曲。
そういう意味でも一緒に歌ってもらえたら異常に気持ちいい。

しかしながら、岡村靖幸のずっと見ていたくなるかっこよさと、その狂気的な、絶対これなんかキメてきてるだろってくらいの目の離せないノリ方を真似しながら歌うのがとっても楽しい。
そして、全然違う声質のBase Ball Bear小出祐介との掛け合いも異常にかっこいい。

一緒に歌う時は絶対このライブの動画を真似て「●●カモン!」って言う。

この曲は岡村さんをリスペクトする小出さんが歌詞を書いたそう。
このなんとも岡村さんがつかいそうな言葉回しがもうぴったりで。(「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」的な)。
どこかダサいんだけど、でもどこかかっこいい、ピュアなんだけどかっこつけたい男を表しているようなそんな曲。
だからこそ男デュエットで歌いたい。

髪型どころじゃなく歌いたい一曲。
なんか熱い思いを書きすぎて11位じゃない気がしてきました。
でもマイナーで歌いにくいので11位。

 

 

第10位 Lovers Again/EXILE

これ歌うと学生時代を思い出して懐かしい一曲。
高3とか大1でたくさん歌った記憶が。
そういう意味で気持ちいい…

それなりに有名だと思うのでデュエットはしやすいはず。
でもハモリは結構難しく(そもそも少ない)、どっちかというと掛け合いのデュエット感が気持ちいい感じ。

EXILEは清木場俊介さんがいた本当初期は聞いていて、いなくなって聞かなくなって、これだけちょっと聞いたっていう。
なんかこれだけは好きで冬に自転車乗りながらたくさん聞いたなあ。

時間だけ巻き戻してちょっとあの頃に戻れたらいいなって思いますよね。

 




 

第9位 追憶の雨の中/福山雅治

これ一緒に歌えたら泣いて喜ぶ…
福山雅治の記念すべきデビュー曲。

元々はもちろんデュエットじゃないんですが、すごくハモりやすい曲なのです。

「Rainy day」とか
「陽炎みたいに」とか
そして何よりサビ。
上のパートでどこまでもハモれる。

疾走感もすごく良くて、古いようで新しくも感じる、これぞ往年の福山雅治だ!という一曲。
もうそれこそ雨の中も駆け抜けるくらいの疾走感。

これは知られてないだろうけど穴場な是非知ってほしいデュエット曲なのでした。
でもマイナーなので第9位。

 

 

第8位 青春アミーゴ/修二と彰

ふあっ懐かしい…
土曜9時が楽しみでしたよねな「野ブタをプロデュース」のエンディング。
亀梨くんと山ピーのそのまま役の名前でのユニット。
なんかこの頃のドラマは全部面白かった気がします。
気のせいですかね…

なんかこんなかっこいい男同士の学校での状況を妄想しながら酔いしれて歌うべしです。
やられちまった感。助けてくれミ・アミーゴ感
これ異常に気持ちいいエッセンスっすね。

ダンスも覚えたなあ…
簡単だから二人で踊りやすいのですよねえ。
最後に腕なんか二人でガッてやったりなんかするのも含めて気持ちいい笑。

堀北真希的な女子が手拍子なんかしてくれないかな…

 




 

第7位 あなたに/MONGOL800

ああ…もう全部自分でまとめていて懐かしい。
音楽ってあれですよね、一瞬であの頃に引き戻してくれますよね。
情景や匂いまでフラッシュバックする時もありますよね。

この曲は一瞬で中学生の頃を思い出しました。
MD、擦り切れるほど聞いたな。。
テープじゃないから擦り切れないですけどね。

こちらも正式なデュエット曲ではないのですが、ハモリやすくて、意外とデュエットすると気持ちいいです。

「心から」とか
「変わらない」とか
あとはやっぱりサビですよね。
下のパートでハモリたくなる曲。
ハモリたくて考えすぎて眠れない夜。

それはそうと、誰からも共感を得ないのですが、ボーカルが切り替わる「流れ行く日々〜」の歌声、スピッツ草野さんっぽくないですか?
一回も誰にも伝わらないのですけどね…

 

 

 

第6位 19時のニュース/TOKIO

さあ出ました、19時のニュース。
これはみなさんご存知ですね、「こどものおもちゃ」の最初のオープニングですね!

そもそもこどちゃは小学生の時アニメをたまたま見てめちゃくちゃハマりまして。
羽山くんがかっこよく見えましたー
羽山くんをまねてクールぶったりしました。

アニメも面白かったのですが、僕、ラジオも好きで、たまたまその時期に東京FMつけたら、ラジオから紗南ちゃんの声が聞こえてきたんですね!
え、なんだこれ!と思って聞いていたらどうやら紗南ちゃん役のおだしずえさんがパーソナリティをやっていたみたいで。
「ミリオンナイツ」というラジオ番組でした。
おだしずえさんはそもそも声優からではなくラジオパーソナリティ出身で…こんな話はいいですね。

とにかくハマった「こどものおもちゃ」の初代オープニング曲がTOKIOの「19時のニュース」です。
TOKIOとしては3枚目のアルバム「BLOWING」に一曲目として入っています。

この曲は合いの手的掛け合いが異常に気持ちいい曲です。
サビはハモリもあるので覚えるともっと気持ちいい。

なんだか昔のTOKIO感もあってその古さがまた良い。
サビ前の盛り上げ方がワクワクするんです…!
アバウトに生きてはいけないと悟る曲。

歌っていてこどちゃのあの頃も思い出せて好き。
誰かにつたわれ…!

 




 

第5位 中盤戦/KREVA feat.Mummy-D 

正直、ジャパニーズヒップホップというジャンルはどうも苦手で、ラップとか聞いてこなかったのですが、(カラオケでもうまく歌えている人を見たことなかった)KREVAさん主催の「最高はひとつじゃない」というKREVAさんの楽曲のみを使って作られたミュージカルを見て、見方が180度変わりました。

 

ジャパニーズヒップホップ…というかKREVAめちゃくちゃかっこいい…!

最近、ラップバトルとかあるじゃないですか。
ああいうdisりみたいのは僕、苦手なんですが、KREVAさんはある意味、そういうんじゃないところで新しい風を日本に吹かせた人なんですってね。
きれいな言葉というか、前向きというか。
そんなこともあってミュージカルにも出来たと思うんですが、その中でも1幕終わりに歌われていたMummy-D さんとの「中盤戦」というまさに1幕終わりにふさわしいこの曲がとってつもなく、とってつもなく格好良くて!

ハモリはない、ラップ的気持ちよさがあるスピード掛け合いみたいな感じなのですが、これは歌いあえた時、とてつもなく異常に気持ちいいです。

もうそもそも一番最初の

「OK」
「OK」
「オーライ」
「オーライ」

のところで気持ちいい。

僕はラップ歌ったこと一度もなかったですが、これだけは一人カラオケ行ってまで練習して歌えるようにしました笑。
これは練習しないと絶対歌えない曲です。
本当難しい。
油断させといておぬし隙きアリどころじゃなく難しい。
むじーなむじーです、です。
でも歌えた時の達成感はありますよ…
デュエットするとその人との絆が深まる気がします。

こちらもそんなに有名じゃなく、しかもラップという難しいジャンルですが、オススメすぎる一曲なので、第5位。

 

 

第4位 奇跡の地球/桑田佳祐&Mr.Children

もうこのデュエット自体が奇跡。
1995年1月ってもう20年以上も前の曲なんですねえ…
当時はチャリティーソングとして発売されたそうで、エイズ、戦争などを連想させる言葉が歌詞に使われています。

正直、このブログを書くまでは歌詞のことを気にして歌ってなかったので、そういう意味でも書けて良かったなと思います。

いったんは歌うことにフォーカスしますね。
とにかく、ハモリが難しいけど異常に気持ちいい!
ハモリパートは練習しないと難しいけど、できた時はとにかく気持ちいいです。
桑田さんと桜井さんは交換こでパートチェンジするので、それができたら最高ですね。

あと、メロのWowWow系も気持ちいいです。

そして、桑田さんのものまねが出来る人は数倍気持ち良いと思います。
桜井さんのものまねはとりあえず息継ぎを横ですれば出来たも同然です。

YouTubeに本物の二人の楽曲がなく、素人さんの歌ってみた系載せるくらいだったらもういっそのこと素人時代のコージー冨田のものまね載せた方が良いなと思ってそうしてみました。

 




 

第3位 花/ORANGE RANGE

映画「いま、会いにゆきます」の主題歌でもありました、ORANGE RANGEの「花」。
これも高校生の頃たくさん歌いましたー
ORANGE RANGEはあの頃たっくさん聞いていたのに、全然聞かなくなっちゃいましたけど、だからこそ久しぶりに聞いたり歌ったりするとふわっと色んなことが芋づる式に思い出されますね。

これはとにかくサビがハモりやすい!
上のパートもそうですし、なんなら下のパートもあるので3人でもいけますね。
しかもサビは長いので長持ち気持ちいいです。

花びらのように散りゆく中で夢みたいにハモって欲しい。
歌いやすさやメジャー度、長持ちなので第3位!

 

 

第2位 ふたりごと/RADWIMPS

なにか発見があったらいいなと、そういえばそうだね!を提供ができたらいいなと思っているこのブログです。
可視化はされていないけど潜在的には存在している、言葉に表現されてこなかった何かを言葉にできたらいいなあなんてふんわり思いながら書いています。

そんな提案になったらいいなと思っているこの一曲…!
デュエット曲とは見えてなかったけど、ハモリも掛け合いも(楽曲ではようじろうさんでだけだけど)あるこの一曲。
そういう意味でも「ふたりごと」で歌えちゃいます。

のっけから実はハモリやすいです。
というか、ほとんどずっとハモりやすい。
上のパートで最初から最後まで感覚的にほとんどいける。

「ハモリ」ってなんかたまにずらす音の幅を通常より変えないとハモれないことあるじゃないですか。
この記事で書いている「ハモりやすい」っていうのは通常の感覚的に行けるハモリの音の幅でOKなことをそう言っています。
(分かりにくいですよね、すみません。つたわれ〜)

六星占術だろうと大殺界だろうと異常に気持ちいい穴場曲なので、試してみてください〜

 




 

第1位 いつか/ゆず

第1位は王道のゆずです。
中でも「ハモリ長持ち」な「いつか」。

これも最初から最後までずっとハモりやすい。
コーラス的なのもあって、主音もハモる方もめちゃくちゃ気持ちいい。。

あとこの主音の叫びながら歌える感じ、そしてハモる方の高音
もう2回パート変えて歌いたいくらいの。

そして、すごく冬の風景が思い浮かぶ…
今年は雪が降るのかなあってなる。

王道ですが、間違いなく異常に気持ちいい一曲です。
これにハーモニカ吹けたらもっと最高だなっていつも思う。

いつかまたどうしようもなく、さびしくなったその時に、誰か一緒に歌って欲しい。

 

 

 

 

 

さいごに

このあいだのデュエットはベスト7でまとめたのですが、これもこれも!ってなってベスト11になってしまいました。
こちらを読んでいただき、誰かにカラオケで気持ちよくなってもらえたら嬉しいです。

それはそうと、書いていて思い出したのですが、高校時代の親友と歌っていた曲が多いです。
というか、ほとんどそうですね。
「愛はおしゃれじゃない」「中盤戦」「奇跡の地球」以外は全部そう。。
あの頃はたまの部活オフの日に彼と歌っている時が一番楽しかった気がする…

そんな彼もその頃から付き合っている彼女と結婚とのこと。
それは本当におめでとうです。

あの頃を思い出してまた歌いたいなあ。

 

カラオケシリーズは下記にも!

 

 




 

 

次の記事は『【男女篇】カラオケでデュエットすると異常に気持ちいい曲ランキング』

 

-MUSIC
-,

書き手(rio)のプロフィール画像
ステキアシストする人。誰かの毎日をちょっとでもステキに。
事業会社でマーケティングの仕事をしている傍ら、キャンプ、DIY、ラジオ(始めました!)、マーケティング、よなよなエール等について週に一記事のペースでブログを書いています。
⇒さらに詳しく

ステキアシスト
自分が考えたことで誰かに喜んでもらえたら。
誰かの毎日をちょっとでもステキに出来たら。
そんなステキなアシストを目指す情報ブログです。
⇒さらに詳しく

「ステキ」をいち早くお届け。

「ステキ」を写真でお届け。

ryoの素性をラジオでお届け。